mysticdiary

チャヤン☆新曲とオリジナルアルバム発売!

さ、そろそろ、ガチ☆で販促活動しようかなw

何となく、最近、気がついたんだよ。
Chayの事を、「Chay」もしくは、「Chayanne」と、ローマ字表記で書いていると、
日本語の検索エンジンには、引っかからないって。。。

なので、販促活動においては、あえて、”チャヤン(Chyananne)”と、表記してみようw

さて、そのチャヤン(CHAYANNE)ですが、
この度、4年ぶりのオリジナルアルバムを発表致しました!!

 ”EN TODO ESTARÉ” 

En Todo Estare    En Todo Estare


全編、新曲でのリリース。

【収録曲】

1. MADARE TIERRA (OYA)
2. HUMANOS A MARTE
3. TU RESPIRACIÓN
4. BAILANDO DOS CORAZONES
5. MAREAITO CON TU AMOR
6. EN TODO ESTARÉ
7. QUIERO BAILAR CONTIGO
8. DÍMELO
9. DE TODAS
10. INFINAITA TÚ
11. TUBUDURU

12. TU RESPIRACIÓN (Ver, Acústica)
13. DÍMELO (Ver, Acústica)
14. HUMANOS A MARTE (URBAND REMIX) FEAT.YANDEL

ジャケットバージョンが2種類、同時発売されており、
基本収録曲は、上記、1~11曲まで。

モノクロのお目めを開けている方が、「デラックスバージョン」として、
3曲多く収録されています。





前回のアルバム、「NO HAY IMPOSIBLE」も、
「ようやく、ここまで来た。。。」と思えるような、素晴らしいアルバムで、
歴代のアルバムの中では、「頂点だっ!!」と、私的には思っていましたが、
その「NO HAY IMPOSIBLES」の出来を、すでに、”大御所”と言われるキャリアと歳になって、
軽々と超えてみせたチャヤンの力には、圧倒されます。


なんたって、1曲目の、「MADARE TIERRA (OYA)」、
アルバムのオープニング曲に、これだけふさわしい曲は、ありますまい。
一気に、ぜんぶ、持ってかれますw

それは、まさに、ライブのオープニングの時のような・・・、

初めて、彼のライブステージを見た時の、オープニングにも似た、
”衝撃的な興奮”とでも言いましょうか?www

続いての「HUMANOS A MARTE」、「TU RESPIRACIÓN」では、
チャヤンの定番魅力をアピールw

4曲目の「BAILANDO DOS CORAZONES」は、
”ロマンチック・バチャータ”とでも言いましょうか?w
サビの部分での、オーケストラアレンジが、とっても素敵で・・・・

うっとりなバチャータなのです。

続く、5曲目の「 MAREAITO CON TU AMOR」は、アコースティックギターの優しい音色と、
多分、チャヤンの楽曲では、初めての参入とみられるバンドネオンの陽気な音色が曲を彩ります。途中から、南仏風とも、メレンゲ風とも思えるような変調が、また素敵w

お天気の良い日に、チャリンコのお供にして、気持ちの良い風を感じながら、
ガシガシ☆ペダルをこぎたくなる曲・・・♪(で、いいのか?w)

タイトル曲の「EN TODO ESTARÉ」、せつないバラーダ「DÍMELO」・・・、

また、2002年の「TORERO」以来じゃないかな?と思われる、
キレッキレのちょぉーかっこいいバイラブレが、「QUIERO BAILAR CONTIGO」として、復活!

この曲を、男だけのダンスチームを引き連れて、
若いあの頃の勢いで踊ってくれたら・・・・・・・・(遠い目w)

「TUBUDURU」も、クラブで、めちゃめちゃ盛り上がるんじゃないかとゆう、
今時の言い方で言えば、ガチでマジ、やばい、ダンスチューン♪
トランス状態で、朝まで盛り上がるぜぇぇぇぇーっ!!! (気持ちだけはなw)

そして、今回、もっとも、大胆だなと思ったのが、アコースティックバージョンの収録。

チャヤンのファンと言えど、彼の歌唱力には、
いまひとつ、確信が持てなかったから。。。
凹み

ライブでバラーダを聴いた時には、それなりに、「お歌、上手いじゃん♪」と、思えるが、
それは、それ、現場の雰囲気もあるし、歌っている姿がいいわけだし・・・。

ひとりで、おウチとかで、じっくりと聴くアルバムに、
はっきりいって、”アイドル”とゆう看板とダンスをウリにしてきたチャヤンが、
アーティストっぽく、アコースティックギター1本で勝負するってのは・・・

どうなのっ?!


その大きな試みの結果は、
是非、このアルバムを聴いた方の判断に委ねたいと思いますw

私は・・・、

「あぁ・・・もう踊らなくてもいい・・・。」

すっぱりと、そうあきらめがつく程、彼の歌声に胸を打たれました。

”アイドル”ではなく、”アーティスト”としての彼に、
”歌い手”としての彼に、惚れ直しました。。。



新しいアルバム「EN TODO ESTARÉ」は、どの曲においても、
これまでのチャヤンのアルバムの中で、
最も、日本人の我々にも耳馴染の良いメロディーラインで構成されており、
曲の連音、変調、転調など、細部に渡りアレンジが凝っていて、凄く良い出来だと思います。

そして何より嬉しく思うのは、
チャヤンの歌い方や、声音が生かされていること。

無理をしていないんです。
素直に声を出して、気持ち良さそうに歌っているのがわかる。

ハッとする程、歌が上手かったりするwww

それが、嬉しくて、何度でも聴いてしまいます。
やっと、この人の本当の魅力が、アイドルではなく、歌い手として、反映されたなと。
4年のブランクは、無駄じゃなかったんだねw

今までのチャヤンを知っている人も、まだ、チャヤンを知らない人にも、
ぜひ、聴いて欲しい一枚になりました!!
                         




EN TODO ESTARÉ 試聴サンプル  音楽



Latin音楽圏では、おかげさまで大好評!!
amazon Japanでは、いつものように、ひっそり発売!w



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://corazon-nadeshiko.com/tb.php/393-32968e8c
該当の記事は見つかりませんでした。