mysticdiary

【アルバム】 Influencias

1994年、Chayanneが26歳の時にリリースしたアルバム Influencias


Influencias


Influencias(インフルエンシア)は、スペイン語の辞書(プエルタ新スペイン語辞典)を引っ張ると、
”影響”とか”効力”とか、”効果””感化”などを意味する。

Chayが、幼い時から好んで聴いた歌や、
彼が敬愛するアーティストの歌を集めて、フルカバーしたアルバム

先日、我が家のCDラックの奥地から、数年ぶりに発掘されるまで、
すっかり忘れとりました。(^▽^;A

きっと、猛烈にヴォイストレーニングしたんだろうな。。。
とゆう成果が、このアルバムには滲み出ているw

ちょっと危なっかしいところもあるけどwww(^▽^;A

全曲カバー曲なので、流行のサウンドはなく、
どの曲も、どこか懐かしさを覚えるサウンドばかり。
それだけに、言葉はわからなくても、耳馴染は、良いと思う。

私的にお気に入りなのは、4曲目の「YO SOY AQUEL」とゆうバラード。

哀愁漂う、情感たっぷりのサビを、あ の、歌へたっぴだったChayが、
見事に、歌い切っているのには、驚かされる。

トリミングして、よく持って歩くのは、7曲目の「Querida」

これは原曲を聴いたことあるけど、原曲よりも、全然、Chayの方が良いです
”Chayが歌っているから”とゆうことではなく、曲のアレンジが良かったと思う。

かろうじてyoutubeで見かけるけど、画質が・・・・
でも、これしかないから、貼っちゃうw





はぁー (´▽`*)
化粧が濃ゆい時代だけど、ボチボチ、キテますストライクゾーン

8曲目の「AMOR LIBRE」は、ちょっとセクシーなバラード、
9曲目の「PASO LA VIDA PENSANDO」は、ロマンチックなバラード。
それぞれが、Chayの若く真っ直ぐな声と馴染んで、すごくいい。

そして、アルバムの最後を飾った「PEDRO NAVAJA」は、
Chayanneの故郷、プエルトリコに流れるSALSA。。。

”boricua(ボリクア)”のSALSAだ。

それはきっと、幼いChayを包んだ調べ。。。

素敵 
こんな曲に囲まれて育ったのかと思うと羨ましいwww

カバーした一曲、一曲に、Chayの敬意や愛情が、深く良く込められている。

彼を育て、彼が愛してきた歌の数々、
ファンとしては、ぜひ、聴かずばなるまいw

それに、円高の今ならなんとっ! amazon新品、一枚¥690円っ?! Σ(T▽T;)マジっすか?!

買わずばなるまいっ!!






4 Comments

まぐろ says..."こんばんは。"
こんばんは。
以前、一度、書き込みしたことがある「まぐろ」といいます。
あのあとすぐに、あの震災で。。。。あっというまに月日が経っていまいました。
でも、お元気そうでなによりです!

Chayanne が、歌、へたっぴいな件について(^0^)

私はラテンオタクなのですが、元々、歌が入っているのは好きじゃなくて
ラテンジャズピアノとかギターの音色が大好きで
ピアノだと、チューチョ・バルディスとか、ミシェル・カミロとか。
ギターは、サビカスにはじまり、パコデルシア、トマティート、
そしてビセンテ・アミーゴとか。

歌手で、しかも「ラテンポップ」という分類に入っているアーティストで
はまってしまったのは Chayanne だけです。あっ。Marc Anthonyも大好きです。
Marc Anthonyもポップぽいのありますね。といっても、
Marc Anthonyは、サルサの方が、断然好きですけど。
といっても、
Chayanneにはまってから「歌付きラテン」、聴くようになったのですが。
Gipsy Kings もお気に入りです。

Marc AnthonyとChayanneとAlejandro Fernandezが3人で歌うAmigo、
You Tubeの映像で見る限りは、微笑ましくていいんですけど・・・・
歌を楽しむには、ちょっと辛い。なーんか Chayanne だけ、歌声が馴染まず
ちょっち浮いているように思うんです。

Marc Anthony は、すごい歌うまいから。
純粋に歌を楽しむなら Amigo はやっぱ、Marc Anthony 単独がいい。

ところが、Chayanne のアルバム、Simplementeに入っている
Cuando Un Amor Se Va、すごく歌うまいルーベン・ブラディスと一緒に歌っているけど、
こっちは、二人の歌声に違和感なく、とても気持ちいい。スゴくいい。
何回聴いても、またすぐに聴きたくなる。なんとも心地よい。不思議じゃなあ。

んで、同じく、アルバム Simplemente に入っている、Oye Mar (Cançao Do Mar)
これはカバー、Chayanne ひとりで歌ってるけど、これは痛い。イテテテテテテテ。
力まかせに叫んでいるようにしか思えん。ううっ。
元祖 Dulce Pontes 、卒倒しなかったか心配。。。。
しかし、もし Chayanne が好んで選曲したのだったら、選曲賞!挙げちゃいます。

ヴァネッサ・ウィリアムズとの Refugio De Amor の
デュエットは、すご~く良い。大好き。
英語版は、Chayanne の声がはっきり聞こえない。。。。。
やっぱ英語だと遠慮がちになってしまっていたのかな。。。。。
スペイン語バージョンは、すごく、のびのび歌っているのにね。

アンナ・オクサとのデュエットの 「歩いても歩いても」は
ちょっといただけない。なんか違和感がある。
いっぱい歩いて歩いて、そして結局最後にはすれ違う、あのPVはおもしろかったけどね。

なんつうか、Chayanne って、うまくハマれば本領を発揮して
すごい出来映えに仕上がるのに、なんか、引っ込み思案になっちゃうのか
ヘタになる「境目」みたいなのが、あるように思ったりする。

だって、すごくいい歌と
すごく頑張っているんだろうけど、ものすごくへったぴいに聞こえるときに、
あまりにも差がありすぎるよぉ。と、そう思います。

私にとっては、Chayanne の魅力って、「歌、うまい!!」じゃないんです。
あの人は、歌唱力で聴かせるんじゃなくて、なんていうか、
良くも悪くも、人生の中で積み重ねてきた、ことばには出来ない
複雑な感性や感情が、じわっと滲み出ているっていうか、
歌詞ひとつひとつ、大切に大切に愛でるように歌うっつうか、
Chayanne の歌声の魅力は、
Chayanne の人生の、生々しい息吹が溢れ出ているからなのかも。
冠動脈を駆け巡り心臓に酸素を送る血液のような、不思議な魔力がありますねん。

昔のヒット曲を歌っても、いつも「時は今」って感じで、
「今を生きている」って、なんか、生々しい鼓動が伝わってくる。
そこが、それが、
もぉ~~~~~、最高!

うひゃあ、またまた、長々と、お邪魔してしまいました。

とか書きながら、すごい昔の映像、You Tubeで、
一世を風靡した映画「Dirty Dancing」の挿入歌、
名曲 The Time Of My Life を、Chayanne が英語で歌っている映像みっけ。
(いやあ、、、映画のパトリック・スウェイジ、カッコよかったなあ~~
でもでも、Dance With Meの方が好きだもんね。)
発音、いくらなんでも、メタクソ、音楽とダンスも合ってないし。
歌もすご~~~~く、ヘタ。台詞、棒読みぢゃなくて、歌、棒歌い状態。
カッコつけてるんだけど、カッコ良くない。。。。
まだアイドル時代だから、まして持ち歌でもないから
ろくな練習時間も無いまま、客寄せパンダ状態だったんだろうな。

でもやっぱ不思議。まるで我が子の成長記録みたいなもんで、
ヘタクソでも、目が、タレ目になっちまいます。がはは。

Chayanne は「商品」だったんだな、この時代。

だからして、そんな自分に嫌気がさして、ソニーから一旦、離れたのかも。
本当の自分、成りたい自分に成るために。

だってね、あれ以来、歌ばかりじゃなく、服装もすごく変わったよね。
服装って、その人の内面が外に出るし。
着せ替え人形になっていたのにも、疑問を感じたんだろうな。。。。
と勝手に解釈してますが。

でも、そして、今がある。見事に脱皮した今がね。

でも、この人、これから、まだまだ化けるって、そう思います。
だって、歳を重ねるたびに、色あせるどころか、ますます良くなって、
味わい深さが、どんどん増していく。
まだまだ、これからですよ~~~~~

アルバム、No Hay Imposibles の Siento の出だしの歌詞、
愛でながら包み込むような、なんともやさしい心地良い歌声には参りましたぁ~~~。
このアルバム、どの曲もほんとに素敵。
Tu Boca のダンスも、すごくいい。若いときにはない「男の色気」たっぷり!
なんたって、すごく自然な感じで、肩の力が抜けてしなやか、笑顔も最高!

んで、ちょっと話が変わりますが、
映画Dance With Meの終盤、ルビーが決勝戦で最後に踊るダンスの曲、
Ana Gabriel の Eres Todo En Mí (You're My Everything)が印象的でしたが、
Chayanneとおんなじ、プエルト・リコの大御所、
Jose Felicianoも同じメロディの曲を歌っていたのをご存知でしょうか。
題名も歌詞も雰囲気も違うんですが、これがすんごくいい!
伴奏のギター(ホセ・フェリシアーノが弾いてます)といい、歌声といい、
キレが良く情熱的で、スペイン語の巻き舌発音も、胸にグッときます。。。。
Dance With Me、どうせなら Jose Feliciano 版を採用して欲しかったなぁ。。。

それより! Chayanne がカバーしてくれると、すごく良かったかもしれん。

Jose Feliciano 版、Cuando Pienso En Ti っていう題名です。
もし、ご存知じゃなかったら、You Tube か iTunes store 覗いてくれると嬉しい!

Chayanne にカバーして欲しい曲、第1位(私的)です。



あれ~~~~。して、またまた長々・・・・・・
勝手なこと、のたまくってしまいました(汗)。

Bailarinajpさん、ブログの更新、いつも楽しみにしてます。
これから、熱い、関東はじめ関西にまで波及した節電の夏がやってきますが、
おからだを大切に。そして、どんどん更新してください(^0^)。

トップページの Chayanne の画像の加工も素敵ですぅ~~~。
このサイトのおかげで、ホント、癒されてます。
ありがと~~~~。
2011.06.18 23:42 | URL | #- [edit]
さっちん says..."はじめまして[s:20276]"
はじめまして
突然のコメントお許しください。
私は最近やっとチャヤンさんのお名前を知ることができました。


リアルタイムで見た海外ドラマで、力強いダンスと私好みの音楽…、10年位前でしょうか。


まだ二十歳そこそこ、聞く音楽といえば流行りのJ-POPばかり。

音楽に情熱を傾けることなんてなかったのですが、一瞬の「ブーン・ブーン」と聞こえる、どこの言葉かも、誰なのかも分からないまま…



10年以上経っても、ただ一瞬見かけた曲、ダンス、歌手が忘れられず、今年改めてアリーのDVDを購入、「あの方は誰!?」から私のチャヤンさんへ繋がる旅が始まりました

先日、こちらのブログを発見しまして…大変感動しました(涙)コメントを迷いましたが、私のチャヤンさんとの、たまたま見かけた過去の一瞬の出会いが今の私の活力。そんな喜び、主様が最初に書かれた「誇り」、是非気持ちを伝えたくなりました。


チャヤンさんファンとしてはまだまだ初心者ではありますが、こちらのブログ嬉しく拝見させていただいてます。チャヤンさんの情報がかなり少なく、「???」だった私にとって有り難いブログです!出会えて感謝です!


以前からスペインに行きたく少しずつスペイン語を勉強してますが、あの憧れの曲がスペイン語であること、またまた勝手に運命を感じている今日この頃です。


長文乱文、失礼いたしました(汗)これからもブログ楽しみにしてます!頑張って下さい(愛)
2011.06.19 06:32 | URL | #- [edit]
Bailarinajp says..."Re: まぐろさん いらっChay♪"
この度は、熱いコメントをありがとうございましたっ!!

3月8日以来ですか。。。あっちゅう間でしたね。
まぐろさんもお元気そうで、何よりでございました。

今回コメント頂いて、色々感慨深いものがありますが。。。

それを、ひと言で申し上げれば・・・、

「まぐろさんっ!!今度、吞みに行きましょうっ!!!!v-218

www

まぁ、そうも参りませんので、せめて”オフ会”気分で、
記事としてupさせて頂きました。
事後承諾になり、大変申し訳ありませんが、どうぞ、お許し下さい。

http://chaydemicorazon.blog94.fc2.com/blog-entry-339.html
2011.06.19 16:15 | URL | #- [edit]
Bailarinajp says..."Re: さっちんさん、いらっChayっ!!! はじめまして。"
さっちんさん、いらっChay!!はじめましてw
この度は、コメントをありがとうございました。

「ブログにコメントを書く」って・・・・、
実は、ものすごく勇気がいることなんですよね?

だからこそ、初めての方から、初めてのコメントを頂戴した時って、
ブログを運営する者にとっても、とても大切な瞬間になります。

「あぁ、やっていて良かったな。。。」とw

たった、これだけのことなんですが、この気持ち、この瞬間がないと、
ブログを運営してゆくことは出来ません。

なので、コメントを頂けるとゆうのは、本当にありがたいことなんです。

さっちんさんの、その勇気と、コメントに書き込んでくれた想い、時間、
しっかりと、この胸に受け止めました。ありがとうございます。

さっちんさんがChayと出逢ったのは、”アリーmyラブ”ですね。
もちろん、このブログでも、取り上げていますw
もし既読であれば、失礼をお許し下さい。

http://chaydemicorazon.blog94.fc2.com/blog-entry-96.html

Chayanneは、歌手として、”出来上がった人”ではなく、
歳を重ねるごとに、”育ってきた人”だと思っています。
あのくったくない笑顔の陰には、脈々と積み重ねてきた努力があります。

そこがね。。。
”アイドル”とか”芸能人”とかじゃなくて、”いち人間”として、私は好きw

なので、「こうゆう人のファンであることを誇りに思える。」とゆうワケでwww

彼の努力に報いられる、誇り高いファンでありたいと思っています。

ええ。こんな遠い”にっぽん”ぢゃ、完全にアウェイですからね?
そのくらい想ってないと、ぶっちゃけ、やってられましぇんwww

でもね、それを、ここへ遊びにいらしてくれる皆さんに、
押し付けるつもりは、まったくありません。

思い出した時に、サラリと遊びに来てくれて、
ひととき楽しく過ごして頂ければ、それが一番だと思っています。

なので、さっちんさんも、その熱いハートを抱きつつも、
どうぞお気楽に、遊びにいらして下さいねv-238

また絡める記事があったら、コメントも、どしどしカキコして下さい。
お待ちしていまーす!

2011.06.19 17:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://corazon-nadeshiko.com/tb.php/337-a3fd80f1
該当の記事は見つかりませんでした。