mysticdiary

【コラム】 ”アイドル”と、呼ばれて。

Chayanneが若い頃、20年から古いモノでは30年位前の映像を、youtubeで見ることが出来る。
これは、そのウチのひとつ。アルバムTiempo De Vals(1990年発売)から、”Donde Vas”




クラッ。。。。。。。pen1_58.gif

衣装も痛いが、ダンスも痛い。。。
何より、声が出ていない。

歌、ヘタなんだよね。。。この頃って、まだ。。。

いかにも、”アイドル”らしい、20代前半。
私が、この頃、Chayanneを見ていたら、きっと、鼻にもかけなかっただろう。

Chayのアルバムは、ソロになった時のものから、全て持ってはいるが、
人様に紹介出来るのは、Provocame(1993年発売)が、私的放送コードギリギリ。。。

それ以前のアルバムは、封印しておきたいのが、”武士の情け”とでも申しましょうか。。。
そのくらい、歌として、聴いているのは、私的には、ぶっちゃけ、しんどい。。。(--;A

この頃のChayanneは、”アイドル”としての人気はあったが、
”アーティスト=歌い手”として、世界の市場に通用するか?と言えば、
はなはだ、力不足を感じざるを得ない。

リッキー・マーティンや、ルイス・ミゲル、アレハンドロ・フェルナンデスなどが、
いち早く、海を渡り、日本でも紹介され、ラテン音楽フリークの間で、ファン層を確立出来たのは、
やはり、彼らが、”アーティスト”として、歌、うまかったからです。
そんな彼らと、この頃のChayは、レースにならなかったと思う。。。凹み


日本の古くからのラテン音楽フリークに、「Chayanneのファンなんですぅー」なんて言うと、
「あー、あの(ちゃらい)”アイドル”のねw」と、軽くあしらわれる事が多くて。。。
その上、「ラテンポップス聴くなら、もっと良い歌手が、いっぱいいるよw」と、他を薦められたり。。。

その人に悪気はないのは、充分わかっているけど、
内心は、屈辱的だった。すっごく。。。(--|||

でも、それは否めなかったんだよね。この頃のChayを見ていると。
厳しい言い方をすれば、この程度で、よく潰れなかった(or 潰されなかった)と思う。

ラテン音楽界には、一家で代々、音楽を生業としているお家柄が多々あり、
そこから”マエストロ”と言われる達人が生まれたり、2世(ジュニア)の活躍も、当然の様に注目される。
小さい頃から、音楽について英才教育を受けているアーティストも多い。

そんな業界にあって、プエルトリコとゆう小さな島の、ごくごく一般的な家庭の、
5人兄弟の3番目として生まれおちたChay・・・、

親の七光りもなく、一族から受け継いだ歌の素質もない。
彼が持って生まれた、唯一の武器は、あの恵まれた体格とルックスの良さだけ。。。

しかし、それだけで、魑魅魍魎が渦巻く、厳しい業界の中で、デビューから30年以上経って、
なお、第一線に立ち続けることは、とても不可能だろうと思う。

少なくとも、この若い頃の映像を見ると、今があるのが不思議でならない。。。
ファンの私でさえ、そう思う。

Chayanneが持って生まれた武器は、見目の美しさではなく、
その”ひたむきさ”、”勤勉さ”であり、実直であること、謙虚であること、
自分に対しての努力を惜しまなかったこと。。。

それに尽きるのではないか・・・?と思う。

決して、周囲からチヤホヤされて、楽に今の地位を築いたわけじゃなくて、
そこには、並々ならない向上心と、人一倍、ストイックな努力がある。

そして、それを見抜いた良きスタッフ達との信頼関係と、
彼を支えたであろう多くのファンの想い。。。

彼は、鼻であしらわれるようなアイドルから、彼自身の力で、ほんものの歌い手、
聴く者、見る者を虜にする凄腕のエンターティナーになった。

そこが、”Chayanne”とゆうアーティストのおもしろさ、魅力なのだと思う。

私的にはねw

すでに完璧に出来上がった良さ、
努力しなくても、持って生まれた素晴らしい資質を”天才”と言うなら、
Chayanneは、残念ながら、”天才”ではない。

しかし、いつでも、どんな時でも、真摯に、鍛錬を重ね、
より良い結果を出してきたその姿は、天才であることよりも尊く、人の心を打つ。

努力を必要としてきた分だけ、人の痛みがわかり、人の心を抱きしめられる。。。

歌い手である以上に、その”生き様”が、好きなのだ
そこに、”アイドル”であるとかないとかは、すでに、関係ない話なのである。

「Chayanne?!たかだかアイドルぢゃねーかw」と、笑わば笑え。

「あなたに、彼と同じような、もしくは、それ以上の生き方が出来るのか?」と、私は問いたい。

しかしまぁ・・・、
「アーティストには、そんなもの必要ない。」と、言われれば、それまでだがw








関連記事

6 Comments

たっく says..."痛いですか・・・"
こんばんは~ご無沙汰してます。

痛いCHAYさんですか・・・

見ないほうがいいのかなぁ~?
あえて知らなくてもいいことなんでしょうけど
見たからってガックリするわけでもないし~

って、なんでこんなに悩むんだ・・・???
2011.05.11 22:17 | URL | #- [edit]
Bailarinajp says..."Re: たっくさん!こんばんは!いらっChay♪"
怖いもの見たさで、ぜひ、どうぞw(^m^*)プププ

いつまでも変わらない事をウリにする”アイドル”は、たくさんいますが、
”バージョンupしてゆくアイドル”は、そうそういないでしょ?www

私も、ちょっと前まで、若い頃のChayを見るのは、しんどかったのですが、
アルバム”NO HAY IMPOSIBLES”を聴いてから、若い頃のChayを、
チラ見で振り返ると、つくーづく、
「あぁ。。。いい歌手になったなぁ~v-238」ってw

「すごく良い歳の重ね方をしてきたなぁ~v-238」って。。。
そのことが、なおさら素敵に思えます。

末尾にupした、昨年のPremio Lo Nuestoro音楽祭、特別功労賞を受賞した時の、
”Me Enamore de ti”を歌うChayの姿にも、”後光v-353”が、倍増ですwww

まったく、バカですよねぇ。。。自分。。。A--*)
なんで、こんなに惚れちゃったんですかねぇい。。。

言葉もわからないのにねぇいwww

今日、自分で書いたこの記事を携帯で読み直してて、急に、恥ずかしかったです。
「削除してしまお。」と、パソコン開いたら。。。
たっくさんからコメント頂いていて、そうもいかず。(^▽^;Aアハハハ

恥ずかしさも、倍増です。。。A--;)

でも、コメント、ありがとうございました。嬉しかったですw


2011.05.12 00:53 | URL | #- [edit]
たっく says..."見ちゃったー!"
痛すぎる・・・あの衣装(爆)
振り付けもかなり笑える(特にエアギター部分)
女性ダンサーと絡むたびに、ギャー!と叫ぶファンもおもしろい~

顔とかスタイルはあまり変わってないように見えますが?
20年前の私がこのCHAYさんをみても好きにはならないなぁ~(汗)

でも、この時代があっての今なんですよね。
今夜は彼の長い道のりを想像しながら、あらためて聴きなおしてみます!
2011.05.12 21:46 | URL | #- [edit]
Bailarinajp says..."見Chayましたか?たっくさんwww"
痛いでしょう?www

痛いお宝映像、youtubeで探せば、ザクザクv-352出てきますぅ~♪なんてw

あんまりそんなこと言うとね、
アイドルの頃からのファンの方々に失礼になっちゃうんで、
”鬼門”なんですけど。(^ー^;A

でも、ここから果たして、どうやって、バージョンupしてきたのか・・・?
かえって、興味が湧きませんか?!ヾ(^m^*)

そこらへんが、目下、私的研究課題でもあるわけですw
このブログは、その研究発表もかねておりますv-238ガハハハハ(^▽^)

ぜひ、また遊びに来て下さいねーっ!!

2011.05.12 23:36 | URL | #- [edit]
Marimar says..."タイトル"
version up。 ないす。
初めの映像をみて、コメント読んで、で最後のpremio lo nuestroみたら、
泣けた。。。。 マジで泣けました。
確かに後光も見えるし(爆)、さらにあの”お辞儀”。 胸に手を当ててするお辞儀は、
なんか心の底からのものに見える。 いや見えるんじゃなくて、ほんとにそうなんだよね。だから心を打つんだと思いまする~。
2011.05.15 05:34 | URL | #- [edit]
Bailarinajp says..."Re: Marimar ありがとw"
Marimarと若い頃のChayの痛さ加減を、つついて苦笑していたのが、
この記事をupしたきっかけでした(^▽^;A 

最初は、単なるおしゃべりの話題として、この痛い映像を紹介したんだけど、
だんだんね、Chayを追いかけてきた、この数年の色んな事を思い出して。。。

何が辛かったって、「あぁーあのアイドルねw」って、
鼻であしらわれる事が、多かったこと。

日本のラテンフリークの中では、若い頃の、このイメージが、定着していて、
いまだに、Chayanneを、”アーティスト”ではなく、”アイドル”と位置づけて、
ろくに、聴かない、見ない、取り上げない。

そんな彼らに、確かに、Chayは、歌ヘタなアイドルだったですけど、
どうか、今の彼を見てやって下さい、聴いてやって下さい。
いい歌い手になったでしょ?って、あたしゃ、声を大にして言いたいですw

Chayは、一生懸命努力して、
ついには、自分の生き方も、彼の持っている愛も、
歌の裏打ちにして、充分なモノにまで成長させたんだよね。。。

コレッて、凄くね??? と、あらためて思います。

”歌い手”として、これ以上のモノは、ないだろう?と思う。

もうね、誰かに、「Chayanne?アイドルじゃね?www」って鼻で笑われても、
「フン。ほんものを見る目がないのは、お前の方ぢゃね?」と、鼻で笑い返せますw

この記事を書いて、数日経って、「やっぱ、良かったかな?」と思います。
ありがとう。

2011.05.15 09:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://corazon-nadeshiko.com/tb.php/329-a2ac599e
該当の記事は見つかりませんでした。