mysticdiary

【ガブリエル/ひと口メモ】 大天使ガブリエル

毎度さっぱり、「ひと口メモ」になっていないメモですが。。。(^▽^;A

先日は、ガブリエルの敵役、フランシスコ・ピサロについて書いたので、
今回は、”ガブリエル”とゆう名前にスポットを当てて、書いてみたいと思う。

”ガブリエル”とゆう名前については、何度かコメントやレスでも登場させているけど、
多分、キリスト教の四大天使のひとり、”ガブリエル”から命名されているものと思われる。

この物語の原作者(または脚本家)は、
何故、主人公に”ガブリエル”と命名したのだろうか・・・?


ただ単に、何らかの縁起をかついで、四大天使の名前が付けたかったのなら、
”ラファエル”でも”ウリエル”でも”ミカエル”でも、良かったはずである。

何故、ガブリエルは、”ガブリエル”なのだろうか。。。

”ヴァンパイア”とゆう、神に背く存在であるはずの主人公に、
何故、大天使の名を付けたのだろう。。。

今日は、その謎解きに、脳内妄想を馳せらせてみよう♪

そもそも、”大天使ガブリエル”とは、天啓、智恵、慈悲、贖罪、約束の天使であり、
エデンの園の統治者であり、智天使の支配者とされる天使。

大天使gabriel

天使とゆうのは、両性具有な存在であらっしゃるので、女性の姿でも男性の姿でも描かれるが、
西洋美術においては、ガブリエルは、たいそう”美麗な青年”として描かれることが多いそうな。

”美麗な青年”ってところで、まず、確実に韻を踏んでいるだろうwww

”智恵の天使”って所も、その理屈っぽさで、ガブリエルは反映していると思うw

よく車の中で、ブツブツ理屈こねてますよね?ガブw
「理屈っぽい」とゆうのは、それだけ物事を深く探求し、消化する力があるとゆうことw

そして、重要なのは、大天使ガブリエルが、「贖罪を司る天使」であること。

「贖罪」とは、

1ー 善行を積んだり金品を出したりするなどの実際の行動によって、
自分の犯した罪や過失を償うこと。罪滅ぼし。「奉仕活動によって―する」

2ーキリスト教用語。神の子キリストが十字架にかかって犠牲の死を遂げることによって、
人類の罪を償い、救いをもたらしたという教義。キリスト教とその教義の中心。罪のあがない。

<はてなキーワードより引用>

まさに、ガブリエルは、わが身に宿ったヴァンパイアとしての激しい本能を、
厳しく律し、贖罪してきたわけです。少なくとも、この100年。

さらに重要なのは、大天使ガブリエルは、
マリアにキリストの受胎を知らせる(受胎告知)とゆう、大役を果たした天使。
その為、「神の言葉を伝える天使」=「通信(メッセンジャー)の守護神」として、多くの信仰を集めるていること。

つまり、大天使ガブリエルは、TV局や、インターネットなどの通信事業の神様でもあるわけw
まさか、このドラマの大ヒットを祈願して、主人公に”ガブリエル”と付けたのかも?www

なんて妄想もありかな?w
それはおいといて。

このドラマで、ガブリエルは、ミゲル神父さまとよく問答をするシーンがある。
(私は、ガブのブツブツも、このミゲル神父さまとのやり取りも好きなのだがw)

あのシーンは、キリスト教の教義や、「神とは。。。」とゆうことを、
視聴者に考えさせるシーンなのではないか?

つまり、ガブリエルとゆう物語を通じて、
「神とは?」とゆうことを、伝えているのではないだろうか?

となれば、ガブリエルは、その担い手であり、”神のメッセンジャー”とゆう役割を、
きっちり果たしていることになる。

そして、最後に、もっとも重要だと思われるのは、
聖書において、”ガブリエル”とゆう名前そのものが、
「神の人」もしくは、「神の力強さ」を、意味する言葉らしい。。。

もしも、”大天使ガブリエル”と、この物語の主人公”ガブリエル”をかぶせているのであれば・・・、
ガブリエルは、最後まで、やってくれるであろうw

その大きな使命が、まっとうされるまで。。。

goodbless大


この画像は、私が敬愛する偉大なるChayファンのひとり、
アメリカ在住のPandoraさんが描いたもの。

大聖堂を思わせるフラスコ天井に、描き込まれたガブリエル。。。
神がかり的な、壮大なドラマを思わせます。

ガブリエルが放送された頃、この画像を見つけた時、
ダイナミックな構図と、その加工技術に、とっても感動しました。

これはもはや、1枚の画像ではなく、立派な”芸術”だと思った。
それと同時に、”ガブリエル”とゆう名前が、
「大天使ガブリエルから来ているものでは?」と、確信させた一枚。

多くのChayファンにとって、きっと、”大切な一枚”になっていると思います。。。




ガブリエル ~不滅の愛~ 関連記事

◆ gabrierl 主題歌up
◆ 第1話 罪深き闇の住人
◆ 第2話 愛する者との別れ
◆ ガブリエルの愛車/SLRマクラーレン
◆ 第3話 新たなる敵
◆ ガブリエル、演じているのはこの人
◆ 第4話 舞い降りた死の天使
◆ ガブリエル、ストーリーのおさらい「びちのお気に入りブログ」
◆ 第5話 血塗られた運命
◆ ガブリエル オリジナルサンドトラックCD編
◆ ガブリエル オリジナルサウンドトラックDVD編(インタビュー映像付き)
◆ 第6話 闇に伸びる魔の手
◆ 第7話 真実を知る時
◆ コラム/徒然ガブリエル
◆ ガブリエル/ひと口メモ フランシスコ・ピサロ
◆ 第8話 よみがえった悪魔



関連記事

2 Comments

Marimar says...""
神の御心を私達に伝えるのが大天使Gabriel。 エルが最後に付くのも、エルという言葉自身が”神”という意味のヘブライ語らしいです。ミカエルが”神に似たもの”(ミケランジェロって大天使ミカエルっていうイタリア語なんだよ。 スペイン語ではミゲルアンヘルです)、ガブリエルは”神の力”、ラファエルは”神は癒す”という意味らしいっす。(ラファエロっていう画家はラファエルのイタリア語読みだね、きっと)

マリア様に受胎告知をされることからガブは(ガブでいいのか。。。。?)神様のメッセンジャーってことになるんだけど、記憶に無い妊娠を告げられ(そりゃビビルわなぁー)、マリアはドン引きしますが、よき人だったために”お言葉通り、この身に成りますように”とイエスの受胎を神の御意思として素直に受け取ります。(あっぱれ) もしくはガブリエルが上手い事言った可能性アリ。

受胎告知の名画は フラ・アンジェリコです。 この絵見たとき卒倒しそうになりました。コレ--> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Fra_Angelico_043.jpg
また、無原罪の御宿り(分かりやすく言うと、もともとみんなが持ってる、あんな罪やこんな罪を無かった事にしてみた結果の。受胎という意=sexなしです。。。。 うそつけ)の、私の大好きな作品はムリージョのコレです-->http://www.museodelprado.es/coleccion/galeria-on-line/galeria-on-line/obra/la-inmaculada-concepcion-de-el-escorial/

まぁ、ラテンアメリカや南欧の物凄いこゆぅ~い、カトリックとの関係を垣間見れるいい作品だと(Gabriel)思います。 
想像以上に、知れば知るほど、Telenovelaはカトリックとがっちりタッグを組んでいますよ。 文化の根底に流れてますから。。。。
2011.01.26 12:53 | URL | #- [edit]
Bailarinajp says..."Re:Marimarせんせいっ!!"
するってぇーと、やっぱり、ガブは、”大天使ガブリエル”を、
リンクさせている可能性濃厚ってワケですね?

”エル”ってゆうのが、”神”とゆう意味のヘブライ語ってゆうのは、
初めて聞きました!!あぁ、そうなんだぁ~(☆▽☆)

じゃ、じぁゃー”Lサイズ”ってのは、”神のサイズ”ってわけですねっ?v-238

完全、使い方違うだろぉーよ。。。そりゃ・・・・(--|||

マリアさまが、身に覚えのない受胎を知らされて、
ドン引きしたって話には、笑いましたwww妙にリアルwww
ええ、Marimarの想像通り、ガブが、きっと、巧いこと言ったと思いますよw

”宗教観”ってゆうのは、興味持ち出すと、色々おもしろいんだよね?

特に、ドラマとか映画など物語を見たり、読んだりする時に、
どうゆう宗教観の下に描かれたものか?ってゆうのを考えながらすると、
また違った味わいが出てきて、それがおもしろかったりしますw

何より、外国の文化や宗教に触れると、自分の国が、よくわかるw
自分とゆう人間が、どうゆう要素で出来ているのかも。。。発見出来たりしますよね?

気が付くと、そんな気持ちで、私は海外ドラマや映画を見ていることが多いですw

とても為になる、ナイスなフォローアップコメントを、ありがとうございましたっ!!!





2011.01.26 22:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://corazon-nadeshiko.com/tb.php/285-0c2966e8
該当の記事は見つかりませんでした。