mysticdiary

【日本語意訳】 Amor Inmortal

テレノベラgabriel Amor Inmortal”、日本語タイトル”ガブリエル~不滅の愛~”が、
25日深夜0時(24時)から再放送されますね

ファイナルで一度だけ、主題歌の日本語訳が紹介されましたが、
当ブログのご常連で、たびたび訳詞を助けてくれるTomyさんが、
この”AmorInmortal”を、意訳してくれました。

Tomyさんは、日本人女性で、現在、コスタリカ人の旦那さまと、
旦那様の母国コスタリカで、「HANABI SUSHI」とゆう日本食レストランを開業されています。

お店のホームページは、こちら REST.JAPONES HANABI SUSHI




コスタリカの母国語は、スペイン語。
しかし、南米スペイン語よりも、母国スペインに近いスペイン語で、とても美しい発音をされるそう。

Tomyさんは、スペイン語を話す旦那様の為に、独学で懸命にスペイン語を勉強されたそうです。

「なので、文法的な裏打ちには自信がなくて。。。」と、Tomyさんは、おっしゃいます。

確かに、独学で文法的なことを理論的に理解するのは難しいかもしれません。

しかし、Tomyさんが身につけたスペイン語は、旦那様への愛に満ちた言葉。
そして、旦那様からTomyさんに注がれた愛で満ちた言葉です。。。

ましてや、スペイン語は、”世界で最も愛に満ちた言葉”だと言われています。
それをTomyさんは、体現したとも言えるでしょう。

これ以上の裏打ちがあるでしょうか・・・?

私がTomyさんに訳詞を相談するのは、もちろん、同じChayファンであることもありますが、
何より、愛に満ちた美しいスペイン語を身につけている方、
日本を遠く離れ、旦那様の母国コスタリカで、妻として、母として、
悪戦苦闘しながらも、凛々と毎日を生きている、まさに、”CORAZON撫子”だからです。

そんな方に、Chayの訳詞をしてもらえるのは、とても幸せなことだと思います。

訳に一番大切なのは、”愛”だと思うから。

言葉の真の意味は、愛がなければ、正しく汲み取ることは出来ない。
それは、同じ国の言葉であっても。。。
そう思います。

Tomyさん、いつもありがとう







Amor inmortal
不滅の愛


Tantas caras, tantas voces através del tiempo.
無数の顔、数々の声が、時間の中を通過する

Y de la inmensa obscuridad vengo saliendo lento.
そんな想像を絶する暗闇からゆっくりと抜け出す

Un pasado que al presente me causa agonía.
たったひとつの過去が現在の僕を苦しめ

Tratando de escaparme siempre y ver que no hay salida.
いつも逃げ出そうとするけれど、その度に出口などないと悟るんだ

Es algo ilógico ver pasar y correr los siglos y los días.
過ぎ行く世紀や日々を想うのはしごく当然のことだろう

El pacto de poder y sobrenatural que se llevo mi vida.
絶対的で超自然的な過去が僕の人生を奪った

Y me hace regresar a ti desde las sombras.
そして僕は暗闇から君へと連れ戻される

Me amaras, te amare
僕を愛して。君を愛そう

Porque vengo lo sé
だってそのために来たのだから

Desde mas allá de los tiempos
多くの時を超えて

De un lugar
たった一つの場所で

De la eternidad
永遠に

Siguiéndote a ti
君を追い求める

Queriéndote amar
君を愛したい

Mi cuerpo no muere
僕の身体は死なない

Mi alma prosigue
魂は滅びることなく

A esta condena de llevar
連れて行かれる時が来るまで

Un secreto a cuestas que me convierte a un ser que
no es mortal...Un amor inmortal
自分にのしかかる秘密を背負うことは「滅亡」
を意味するものではない。それは「不滅の愛」なんだ

He venido tras tus ojos desde alguna parte.
君の瞳の奥の一点からやってきた
(君の記憶の片隅からやってきた?)

Tan solo con la convicción de poder entregarme.
僕に与えうるたった一つの確かなもの

Y me toca combatir con este sentimiento.
そして僕はその感情と戦うことになる

Que yo no puedo poseerte amor porque te pierdo.
君を失うことになるから愛を手に入れることができないと

Y ver la realidad de pasar y correr los siglos y los días.
そして世紀や日々が過ぎ去って行くという現実を知るんだ

以下同
El pacto de poder y sobrenatural que se llevo mi vida.
Y me hace regresar a ti desde las sombras.

Me amaras, te amare
Porque vengo lo se
Desde mas allá de los tiempos
De un lugar
De la eternidad
Siguiéndote a ti
Queriéndote amar
Mi cuerpo no muere
Mi alma prosigue
A esta condena de llevar
Un secreto a cuestas que me convierte
a un ser que no es mortal...
Un amor inmortal...
Un amor inmortal.







【news】 ガブリエル再降臨!!

先日、Angelusさんから、ご一報頂きました。ありがとうございます!

昨年12月から、まさかまさかの日本放送が開始され、
年明けの2月まで、毎週、お祭り騒ぎで見た”ガブリエル”が、LaLaTVの深夜枠にて復活。

5月25日水曜日の24時(=木曜日の深夜0:00)から、再再再放送開始ですっ!!

Gabrielバナー3w200


放送開始当時から放送中には、当ブログにも、たくさんのアクセスを頂き、
コメントを頂戴した方々とは、毎週、楽しく時を過ごすなど、
私的には、とても充実した、実り大きいものになりました。

ドラマの結末については、喧々諤々でしたが

あれから少し時間が経って、また、あらためて見直してみると、
さらに、新しい突っ込みどころが。。。 なんてw

Chayanneの事を、いろいろ知って頂いた後に、あのドラマを見て頂くと、
もしかしたら、また、新しい感じ方が、出来るかもしれませんw
それを楽しんで頂ければなぁ~と思います。

再放送中には、また感想やら、新しい発見など、
みなさまからのコメントを、”Corazon-Nadeshiko FORUM”にて、お待ちしておりますw

ガブリエル~不滅の愛~ 感想は、どうぞ、こちらに。
http://chaydemicorazon.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=3007014

関連記事を振り返るには、ガブリエル~不滅の愛~ カテゴリーをご覧下さい。
ただし、”ネタばれ”、まったく気にしておりませんwww

言いたい放題になっておりますれば、ドラマ未見の方は、ご注意下さいましw
http://chaydemicorazon.blog94.fc2.com/blog-category-6.html


5月26日、木曜深夜0時、すでに見ちゃったあなたにも、見逃したあなたにも、
ガブリエルは、再降臨致しますっ!! どうぞ、お見逃しなくっ!!

そこで本日は、gabriel関連の映像から、少し変わった趣向の素敵な映像をご紹介します。

私的には、一番ええとこやったなぁ~・・・・・(´▽`*)














【ガブリエル/番外編】 ピサロ先生の副業。

ピサロ先生、第7話の最後で復活されてから、トップギアで快調に、悪行三昧
エヴァの病院行ったり、ミゲル神父の教会へ行ったり、ガブん家に行ったり、
文字通り、”神出鬼没”で、さぞかし、お忙しいはずだったのに、


まっさか、こんな副業をされていたとは・・・・・・・・Σ(T▽T;)







メイキングで、何やら、ガム持って、はしゃいでましたが、ホントだったのね・・・

あめぃりか在住のMarimarさんに、この動画教えてもらった時、
爆笑し過ぎで、腹が痛くて、すぐにup出来なかったし。。。A--*)

番外編としては、あまりにおいし過ぎるネタを、ありがとうw
君に、トリプル "HUG"





ガブリエル~不滅の愛~ 関連記事カテゴリー
http://chaydemicorazon.blog94.fc2.com/blog-category-6.html





【ガブリエル/視聴後記】 Special Thanks!!

さて、テレノベラの常識を破って制作された、<ガブリエル~不滅の愛~>
そのファイナルも、まさに”掟やぶり”のものでしたが。(^▽^;A

しかし、このドラマが日本で放送され、”ラテンの美麗なヴァンパイア”として、
多くの方々に、チャヤン(CHAYANNE)を知って頂いた事は、
揺るぎない、大きな成果だったと思います。

加工用ダーク


おかげさまで、当ブログのアクセスは、放送当時から増え続け、
従来の約10倍ものアクセスを頂戴しました。

まさかこのドラマを、日本の皆様と、喜怒哀楽を供にしながら、ワイワイ楽しめるとは、
夢にも思っていませんでした。。。

それは、私にとって、作品の出来不出来を超越して、余りある、大きな喜びです。
ほんとうに、ありがとうございました。

最後まで、ドラマを視聴して頂いた方、また、当ブログへアクセスして頂いた方、
そして、コメントを頂戴した方々に、心より厚く御礼申し上げます。

ガブリエルの放送を機に、当ブログに通って頂き、コメントを頂戴した方々に、感謝を込めて、
サイドバーに設けてある、【Special Thanks Links】に、お名前(HN)を掲載させて頂きました。

【Special Thanks Links】のコンセプトについては、こちらをご覧下さい。↓
http://chaydemicorazon.blog94.fc2.com/blog-entry-229.html

特に今回、テレノベラのエピガイブログを運営されている、
びちさんとの出会いは、とても大きかったです。
びちさんのサイト<びちのお気に入り>は、今後ともお世話になると思いますので、
引き続き、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

尚、お名前を掲載される事によって、何かご迷惑がかかるようでしたら、
どうぞ、ご遠慮なく、サイドバーのメールフォームより、ご連絡下さいませ。

”ガブリエル”は、終わってしまいましたが、当ブログは、これからも、CHAYANNEへの愛を胸に、
また、CHAYANNEからもらった愛を抱いて、コソコソと(?!)運営してゆく所存ですw

ガブリエルネタも、ちょこちょこ登場してくると思いますので、
また、どうぞw
フラリと遊びにいらして下さいねっ!! pen1_03.gif


ご新規さま Special Thanks!!

びち嬢

たっく嬢

kimidori嬢

Angelus嬢

naomayu嬢

お福嬢






ガブリエル~不滅の愛~ 関連記事カテゴリー
http://chaydemicorazon.blog94.fc2.com/blog-category-6.html

せつないキス


【ガブリエル/番外編】 知られざる舞台裏

テレノベラ、<ガブリエルその舞台裏>と銘打って、メイキングが放送されましたね
サントーリ@ゴンサロ、やたら熱く語っているのには、ウケてしまったwww

「ガブリエル10話分の製作費で、普通のテレノベラが120話分出来る。」って言う、
サントーリの話は、とても参考になった。あんた、ほんとは、いい人なんだなw

やっぱりね、選手(俳優陣)は、Chayに限らず、みんな良かったと思う。
制作スタッフが、すごぉーく頑張ったのも、よくわかった。

「スパニッシュ系の人々に、新しい、質の高いテレノベラを提供したいっ!!」
その熱意の下、膨大な製作費と、時間と手間をかけて作り上げた、
前代未聞のドラマ/プロジェクトだったらしいね。

しかし、制作者側の、そんな熱意がわかれば、わかるほど、
「あのファイナルは、一体、なんだったんだ???」と、余計に腹立たしく思えるのは皮肉だ。

”戦犯”は、やはり、脚本にあったと思う。間違いなく。

監督と脚本家が四か月も詰めて、練ったとゆう脚本だったらしいが、
そんだけ詰めて、あのファイナルに着地したのかと思うと・・・、

かなり痛い。。。イタすぎる。。。痛すぎる

つか、なんて、もったいない終わり方をしたんだろうと思う。
私ら見た限りでは。。。

スパニッシュ系の方々は、これでみなさん、ご納得なさったんでしょうかねぇ?

どんなに映像に凝っても、どんなに製作費をかけても、
要は、ストーリーであり、最後のオチであるのは、
どんなに最先端の映画やドラマでも同じだろう。

8話辺りまで、時間を、かけ過ぎたか?
どうも、ストーリーを広げ過ぎてしまった感がある。
気が付いたら、「あと3話で、まとめなくっちゃっ!!!」みたいなw

慌てて、脚本を書き換えたのではなかろうか・・・?
そんな”爪痕”を感じるのは、気のせいか・・・?

ヲレだったら、天国へ行かずに、エヴァをずっと見守ってきたあのばぁちゃんに、
最後に一言ぐらい、セリフつけるぞ。。。(って、そこかっ?!

パドロン先生を殺すなら、エヴァを先生の死に目に立ち会わせて、
「私を守る為に、この人は殺されてしまった。。。」と、もう少し、ちゃんとリスペクトさせるよ。
それで、ファイナルで、エヴァvsサントーリにするなw

もしくは、ヴァンパイアにされてしまったホルヘ神父が、それでも信仰心を失わず、
ヴァンパイアの姿になって、サントーリと対峙し、やっつけるっ!!

それで、信仰心とは、おぞましい姿形とは、決して関係ない、強いものなんだと、
神への信仰心をリスペクトさせる。これも重要。

あんだけ、宗教思想絡めて来たんだから、最後まで貫いて欲しい。
あんな始末ぢゃ、それこそ、神への冒涜だと思う。

また、この場合、エヴァは、マリベルと対峙させて、
大切な親友と決着をつけなければならない葛藤を持たせる。
マリベルを討ちとり、その亡骸を、エヴァは抱きしめて泣く。。。みたいなw

あんだけ武器持たせたんだから、もう少し活用しようぜ。エヴァ。。。(--;ち。

ピサロとガブの一騎打ちは良かったと思うけど、
もう少し、お互いの魔力を披露しても良かったんじゃないかな?
せっかく、お互い凄いヴァンパイアなのにさ、素手で殴り合ってて、どうするよ?みたいな。

ま、ガブの最後は、あれで良かったと思います。
エヴァが、「ヴァンパイアになっちゃったんだよぉ~」っと思わせる最後も、いいと思います。

でも、ヴァンパイアになるには、噛まれただけじゃダメなんで、ヴァンパイアの血を飲まんことには、
永遠の命を保つヴァンパイアにはなれないとゆう、重要なプロセスを、
なぜ、脚本、監督自らが、ホッポリ投げたのか???疑問ですっ!!!
それも、あろうことか、エヴァに対してっ!!

私だったら、マリベルに噛まれてしまったエヴァに、
泣く泣く自らの手首を切って、自分の血を与えるガブリエルの図を描くなぁ。。。
これは、絶対、外せないはずの場面だと思う。。。

あぁ。。。
なんで、オイラに、脚本のオファーが来なかったんだーっ!!!!いやだーっ!!!


んま、来るワキャないけど。 ま、お茶でも。 ズルル・・・


最後にもうひとつ。

LaLaTVの放送の仕方にも、問題ありましたね。
あのオープニングです。

オープニングで、ガブが自分の身の上を語ります。
毎回、毎回、このオープニングを流し、物語を見る者に、
「ガブリエルが物語の主人公である」とゆう、刷り込みをする。

それを、最後の最後に、エヴァが受けて、「私はエヴァ・・・」と、ひっくり返す。
だから、オチとして、効果的になるはずなんで、
ファイナルに溜飲が下がらなかった要因のひとつになったと思う。

LaLaTVの制作スタッフも、大きくしくじったと思いますねぇい。
ドラマの大事な”仕掛け”を、省いてしまったのだから。

せっかく放送してくれたのに。。。ほんとーに、残念。

もしも、このブログをLaLaのスタッフ方が読んでくれていたら、
あれは、ちゃんとオリジナルのオープニングで、きっちり10回、放送すべきだったと思います。
上の方に、そう報告して頂けることを願います。

なんてね。。。今更、言ってもね。。。

結局のところ、”ガブリエル”って、”Chayanneの豪華プロモーションビデオ”ってことで、
納得するしかないかもね。。。

なんだかそれも、いいんだか。。。悪いんだか。。。微妙だ。。。

Chay、すごぉーく頑張ったのに。。。ウルウルウルウルウルウル・・・

このファイナルの出来の悪さで、また日本人からCHAYANNEの記憶は、
いとも簡単に、薄れていくだろう。。。

残念だ。。。んっとに。。。凹み





ガブリエル~不滅の愛~ 関連記事カテゴリーは、こちら

http://chaydemicorazon.blog94.fc2.com/blog-category-6.html

Gabriel その他③



【ガブリエル/視聴後記】 パンドラの箱

例えば、ひいきの選手がいるチームの負け試合を見るのは辛い。。。

今回の「ガブリエル~不滅の愛~」日本放送は、まさに、そんな感じだった。

08年、本国アメリカ放送のNEWSを追い、youtubeにupされた映像を追い、
ドラマのDVDを、本国発売と同時に購入し、全話通して、2回ほど観たが、
その感想を、ブログにupすることはしなかった。

「しなかった。。。」とゆうより、「出来なかった。」のである。

字幕がなくて、絵づらだけの鑑賞でも、
「これは、ドラマとしては、”負け試合”だ。。。」と、感じていたから。

どうも、ストーリーが、よろしくない。
これでは、ファイナルに溜飲が下がらないだろう。。。
このファイナルのやっちらげ感は、なんだっ????

でもま、言葉がわからないから、それ以上、追求のしようがない。

ドラマの撮影当時、Chayanne(チャヤン)は、芸能生活30周年を迎えようとしていた。
そんな彼にとって、このドラマは、彼の故郷プエルトリコの大きなテレビ局(MegaTV)がくれた、
最高にして、最大の”プレゼント”だったと思う。

Chayanneは、今でこそ、アメリカ、マイアミに在住しているが、
いつだって、父や母が住む、故郷プエルトリコを忘れたことはない。
また、プエルトリコも、彼を忘れたことはないのである。

そう思えば、こんなに栄誉なプレゼントはない。
それは、彼のファンにとっても、同じことだったのである。

Chayは、そのことを充分に承知していた。
だからこそ、本業を半年も休んで、”ガブリエル”とゆう”ヴァンパイア”に、自ら、心血を注いだ。

彼の高いプロ意識は、享楽的なラテン音楽界にあって、常に、一片の曇りも持たない。

それは、セリフやストーリーがわからなくても、充分に伝わってきた。。。

それだけで、私的には、充分、満足するべきだと思った。
言葉の違う国のファンにとっては、そこが悲しい限界でもある。

ガブリエルのDVDBOXは、まるで、”パンドラの箱”の様に、我が家の本棚に、大事に封印された。
昨年の3月のことである。

それから約4ヶ月後、まさかの日本語字幕放送NEWSが入り、
12月には、本格的に放送されるとゆう。。。

「これで、物語の詳細がわかるっ!!!やったぁーっ!! 」とゆう気持ちと同時に、

「このドラマ、Chayを知らない日本人が見たら、どう思うだろうか・・・??」

彼の事をよく知るファンがいるホームならまだしも、全くと言っていいほど無名の”アウェイ”で、
いったい、どれほど通用するものか・・・。

メディアの発達で、日本人であっても、今や、海外ドラマには、目が肥えている。
それだけでも、”負け試合”になる確率は、高い。

その上、”パンドラの蓋”が、開けられてしまう。。。とゆう、とてつもない不安が襲った。

そして、その不安は、悲しくも、的中した。

<ガブリエル~不滅の愛~>に関するコメントや記事には、
どのサイトを見ても、「なんじゃありゃ??」とゆう言葉が多く並んでいる。。。

無理もない。。。(--|||
以前から、Chayファンの私でさえ、そう思うのだから。。。

まぁ、野球に例えるなら、6回までは良かった。
思ったよりも、深いストーリー性を感じさせ、日本語字幕で見られることの威力を充分に感じた。

私的に、一番興奮したのは、7回。
この回に、物語は、大きなターニングポイントを迎える。
後の結末を知っていたとしても、この回の意味がわかっただけで、かなりの収穫だった。

応援にも熱が入る。

ドラマをもう少し理解出来るように、宗教観にスポットを当てて、勉強もした。
生まれて初めて、「聖書」とゆうものを、しげしげと読んだ。
ひろさちや著「仏教とキリスト教」とゆう本も、何度も読み返した。

”フランシスコ・ピサロ”が実在した人物であること、ガブリエルの名前の由来。。。
いろいろに思いを馳せたりもした。

しかし、どんなに応援しても、負け試合は、”負け試合”なのである。

8回から、ガブリエルはマウンドを降り、代って登板したのは、エヴァだった。
エヴァが投げるのは、それこそ”死球”ばかり。。。

同僚のバネッサが殺され、自分を愛してくれていたパドロン先生が殺されても、エヴァは全く無視。
で、「人類の為に戦うっ!!」か??ふざけろっ!!と。
試合展開は、みるみる減速。

そして迎えた最終回、
ホルヘ神父をヴァンパイアにして、ヘロヘロと飛ばした時点で、私の怒りは、頂点に達する。

監督、出てこいやっっ!!!  とw。

ここに至って、私の”パンドラの箱”は、全開になった。

物語に、こんだけキリスト教の宗教観を絡めておきながら、
キリスト教総本山のバチカンから召喚した、先鋭の神父であるホルヘ神父を、ヴァンパイアにした挙句、
フェードアウトさせる意図が、まったく理解出来ない。

あれでは、伝えようとすべき、神の御心も、神の愛も、神の信念も、まったくわからない。
ガブリエルだけが、神に救われるべき存在だとでも描きたかったのだろうか・・・?

そんなに了見狭いの?キリスト教の神様って。
話にならない。

物語のコンセプトは、いったい、どこに行ってしまったのだろう。。。
Chayが一生懸命演じてきたのも、あれで、すべて、ぶち壊し。

サントーリの死に様なんか、どうでもよい。
あのキャラに持たせた意味も、ホルヘ神父がヴァンパイアになって飛んで行った時点で、消えた。
まったく、意味を見出せないキャラになった。

マリベルが、夜明けと供に、どさくさに紛れて、サッサと逃げて行ったのも、どうでもいい。
ありゃきっと、エヴァをヴァンパイアにする為だけに、生かされていたキャラ。
お役目が終わっただけ。女優さんが、「死に役は嫌!」とか、言ったぐらいじゃね?www

「何なの?何なの?どぉ~なってるの??この話・・・。」

そんな視聴者からの不満を、まるで、「なんか文句あんの?!」とでも言いたげに、
エヴァが、ピシャリ☆と、ガブリエルの棺桶の蓋を、まさに、”シャットダウン”・・・・・・・

それで、”不滅の愛”だとぉ~~??
お前が、その棺桶で眠る資格はないっ!!!!! pen1_04怒り

私の中で、残った気持ちは、それだけである。。。

負け試合になるとわかっていて、応援してきた身にもなってみろって。。。

それもこれも、”選手”より、ゲームメイクした監督の責任は、重大なのである。
その監督が、いろいろ”言い訳”をするらしい。

負け試合の後に、言い訳なんぞ聞きたくはないが、(まして、今更。。。)
ガブリエルのメイキングが、2月21日、月曜日、午後10時から放送される。

ここ2ヶ月間とゆうもの、ずっと一緒に観てきた(見せられてきた)相方が、
「メイキングを見ても、お願いだから、TV、ぶち壊さないでね?」と、
今から心配顔なのは、言うまでもないが・・・・・、

約束は出来ない。(--;A
なんたって、私のパンドラの箱は、全開なのだから。。。





<ガブリエル ~不滅の愛~> 関連記事は、カテゴリーに収納しました。
Gabriel(テレノベラ)カテゴリーを見る。

薔薇とVampiroテンプレ赤ふち





【ガブリエル/視聴後記】 THE LAST SUNRISE ~最後の光~

その男は。。。
瀕死の重傷を負いながら、ついに、妻と息子を惨殺された仇を討った。

尽き果てていく命の中で、彼の目に映ったのは、遠く離れた故郷のさわめく麦畑。。。

豊かな実りを、その指先に感じながら、彼は、ゆっくりと歩く。懐かしい我が家に向けて。
彼を見つけた幼い息子が、遠くから走り寄ってくる。
その後ろでは、愛しい妻が、眩しそうに手をかざしながら、こちらを見ている。
妻の顔は、穏やかに微笑んでいる。。。

「帰ってきたぞ。。。」

これは、映画「グラディエーター」(2000年)のラストシーン。
ガブリエルの最後は、このシーンを彷彿とさせた。

右腕に、幼い我が子を抱き上げ、左腕で愛しい妻を抱く男の姿は、
いつだって、この世で、もっとも美しく、もっとも頼もしい。。。神々しささえ感じる。

アメリカとゆう国、特に、キリスト教プロテスタント派は、
こうゆう”父性愛”を描くのが得意だ。それが、彼らの琴線に響きやすいものだからだろう。

対して、日本人の琴線は、”おふくろ”=”母性愛”に、多く響きやすい。
キリストの愛は、父性的。対して、仏の慈悲は、母性的。そんな感じがする。

しかし、キリスト教でも、カトリック教(この物語は、カトリック教)は、
神の他に、マリア様を信仰する、”母性崇拝”がある。

なので、ラテンの男達は、基本的に、みぃ~んな、「ママ大好きっ!! 」が、あたり前www
これはそのまま、”おふくろ好き”な仏教圏の私達にも、すっと入ってくる。
私たちの宗教観は、マリア信仰の方に、近いのかもしれない。

ファイナルの冒頭シーンでは、アベマリアが流れ、人々の手によって、マリア様の山車が、
粛々と教会へ運ばれる祭事が描かれた。
奇しくも、そのマリア像と一緒に、教会の中へ導かれたガブリエル。。。

そして、幼い息子を抱いて、ガブリエルを迎えに来たビビアナ、
彼女の立っているその場所を、よぉーく見ると、300年前の屋敷の”馬小屋”・・・、

”馬小屋”で、なにかピン!とは、こないだろうか?

そうですw
マリア様が、キリストを産み落としたのは、”馬小屋”

そして、それ以前に、マリア様に、受胎告知をしたのが、”大天使ガブリエル”。
これは、【 ガブリエル/ひと口メモ 大天使ガブリエル 】でも紹介した。

これを組み合わせて考えるに、
ガブリエルを迎えに来たのは、実は、ビビアナの姿をした、マリア様・・・。
つまり、「神」、そのものだったんじゃないかと。。。

ガブリエルが、ミゲル神父に言った、
「これから私は、神には絶対に許してはもらえない罪を犯す。。。」は、
「ピサロを道連れにして、死ぬつもりだ。(自殺するつもりだ。)」とゆう意味だったのは、想像に固い。

”自殺”とゆうのは、キリスト教では、大罪。

仏教徒の私達は、万が一、自殺であっても、丁重にお寺でお葬式を挙げて供養してもらえるが、
キリスト教徒は、そうはいかない。

自殺をすれば、例え、どんなに熱心な信徒であっても、教会で葬式を挙げることは許されず、
その魂は地獄に落され、未来永劫、救われることはない。。。

日本人の私達が想像するよりも、ずっとずっと、深く厳しい罪なのである。
そんな大罪を、迷うことなく犯したガブリエルを、神、自らが、迎えに来たわけです。

なんでか?

エヴァ/ビビアナへの愛を貫き通し、彼女を守る為、その身を神に捧げたガブリエルなれば、
その行為は、決して、”自殺行為”ではなく、これこそ、神への献身、殉教であると。

まこと、あっぱれな所業に、神、自らが、ビビアナの姿となって、
ガブリエルを天国に召されたと。。。

これぞ、もんのすごい、大往生っ!!!!

・・・・と、たぶん、あちらの国の人々は、感じたのではなかろうか?

宗教観の違う私達が想像する以上に。。。

「最後の光」、原題「THE LAST SUNRISE」は、
ガブリエルの命を奪ったのではなく、ガブリエルの命と、そして、彼が貫いた愛そのものを、
神が称讃したことを意味しているんだと・・・、

私は、そう解釈することにしたw

なので、ガブの最後については、満足している。
良くやったw
さすが、”我が君”なのであるw pen1_11威 うん。偉いっ!!


問題は、”ファイナル”なのに、種々の問題を、一気に、ぶち上げすぎた点であろう。
それも、まるで、ここぞとばかりに、散らかすだけ散らかして、さっぱり、片づけてない。。。
ドラマのファイナル的には、ありえないエピ満載www

なので、この【ガブリエル視聴後記】も、一度では、さっぱり片付かないのである。

しかし、そのおかげで、確実に、”祭り”は続くwww

さぁ!みんなで、<ストーリーのおさらい>を、しませうっ!!
”おさらいの教科書”は、びちさんのブログ、【びちのお気に入り】ですよぉぉん♪イェイ!チェキ!




ガブリエル ~不滅の愛~ 関連記事

◆ ガブリエル~不滅の愛~ 主題歌<Amor Inmortal>
◆ 第1話 罪深き闇の住人
◆ 第2話 愛する者との別れ
◆ ガブリエルの愛車/SLRマクラーレン
◆ 第3話 新たなる敵
◆ ガブリエル、演じているのはこの人
◆ 第4話 舞い降りた死の天使
◆ ガブリエル、ストーリーのおさらい「びちのお気に入りブログ」
◆ 第5話 血塗られた運命
◆ ガブリエル オリジナルサンドトラックCD編
◆ ガブリエル オリジナルサウンドトラックDVD編(インタビュー映像付き)
◆ 第6話 闇に伸びる魔の手
◆ 第7話 真実を知る時
◆ コラム/徒然ガブリエル
◆ ガブリエル/ひと口メモ フランシスコ・ピサロ
◆ 第8話 よみがえった悪魔
◆ ガブリエル/ひと口メモ 大天使ガブリエル
◆ ガブリエル/ディレクターズカット版DVD
◆ ガブリエル/ひと口メモ ヴァンパイア七つの条件
◆ 第9話 戦いの幕開け
◆ 第10話 守るべきもの
◆ 第11話/ファイナル 最後の光

敬礼♪



【ガブリエル~不滅の愛~】 ファイナル/最後の光

終わっちまいました。。。。。。。。。pen1_12死・・・ アゥ。。。


とりあえず、心肺停止からは復帰しましたが、
ただいま、鼻血止血作業中でございまふ。。。pen1_09.gifボトボトボトボト・・・(止血になってねーし


まぁ・・・なんといいますか・・・
いろいろ盛りだくさんのファイナルで・・・

先の「パドロン先生を、何故、殺す必要があるのか?!」とゆう、大きな疑問が解消されぬまま、
今度は、よりによって・・・、

なぜ、ホルヘ神父を、ヴァンパイアにする必要があるのかっ?!

脚本の意図がわかりませんっ!!!

しかも、ガブリエルと同じデビルウィングまで搭載!!
そのまま、パサパサ、何処へと、飛んで行っちゃったけど・・・・

ファイナルですよね?

ホルヘ神父へのおとし前は、どうつけるんですか???
あのまんまですか???

ヴァンパイアにしたまま、放置プレイですか??

意味がわかりませんっ!!!! pen1_63プンプンプンプン

ひとまず、吞むしかないね。。。pen1_50呑むしかねーウィー。


そして、エヴァは、いつ、水中戦の訓練したわけ???

「私たちは、ずっと戦士だった。」

「そして、毎回ピサロに返り討ちに遭ってきただろ?それで戦士か?笑わせるねぇい。」
思わずそう突っ込んでしまったwww

まぁ、吞むしかないよね?www pen1_50呑むしかねー

サントーリ、ようやくピサロに引導渡されて、シメシメwww
だからこそ、余計に、ホルヘ神父がヴァンパイアにされちゃうワケがわからん。。。

まぁ、ここは、祝!! 打倒、サントーリ@ゴンサロっ!!!

で、吞むしかないよね?pen1_50呑むしかねーフフフフフ

我が君、飛んだね???かなりの高さ、あったと思いますが。。。
そのあと、物置に、ドカァーン!!!☆と、ぶん投げられて・・・

うあっ・・・・・・pen1_51怖い
やめて下さい。。。そうゆう乱暴な扱いするの。。。
我が君も、一応、”体が資本”のご商売なので。。。(T▽T)


でもま、それもこれも、我が君の超ロングベッドシーンで、ご破算ってところか・・・。

いつになく、猛攻ガブリエル・・・

あんな時だけ・・・・・・・・・・・・・

なんでかんで、吞むしかないね。。。pen1_50呑むしかねーフン


ほいじゃ、今夜は、ガブリエル本編放送終了ってことで、

打ち上げだぁーっ!!!!

無礼講だぁーっ!!!!

で・・・・

吞むしかねーwpen1_50呑むしかねーてやんでぇ~ウィ~♪


とゆうわけで、このまま、”ひとり打ち上げ”に突入w
感想は、また後日、「ガブリエル視聴後記」として、まとめたいと思います。

どうですか?ご一緒にまずは、一杯♪www

ガブリエルの冥福を祈って。。。



Cudiarte_El_alma201102.jpg





ガブリエル ~不滅の愛~ 関連記事

◆ ガブリエル~不滅の愛~ 主題歌<Amor Inmortal>
◆ 第1話 罪深き闇の住人
◆ 第2話 愛する者との別れ
◆ ガブリエルの愛車/SLRマクラーレン
◆ 第3話 新たなる敵
◆ ガブリエル、演じているのはこの人
◆ 第4話 舞い降りた死の天使
◆ ガブリエル、ストーリーのおさらい「びちのお気に入りブログ」
◆ 第5話 血塗られた運命
◆ ガブリエル オリジナルサンドトラックCD編
◆ ガブリエル オリジナルサウンドトラックDVD編(インタビュー映像付き)
◆ 第6話 闇に伸びる魔の手
◆ 第7話 真実を知る時
◆ コラム/徒然ガブリエル
◆ ガブリエル/ひと口メモ フランシスコ・ピサロ
◆ 第8話 よみがえった悪魔
◆ ガブリエル/ひと口メモ 大天使ガブリエル
◆ ガブリエル/ディレクターズカット版DVD
◆ ガブリエル/ひと口メモ ヴァンパイア七つの条件
◆ 第9話 戦いの幕開け
◆ 第10話 守るべきもの



【ガブリエル~不滅の愛~】 ファイナル放送時間について

業務連絡です。

ガブリエル~不滅の愛~、いよいよ2月14日(月)、午後10時、ファイナル放送になりますが、
もしかしたら、放送時間が、15分ほど延長になるかもしれません。

通常ですと、約45分の実放送時間ですが、
ファイナルは、ちょうど1時間位の放送になったと思います。

すいません。(--;A

これは、私の記憶によるものですので、正確な情報かどうか、怪しいところなのですが、
実放送時間を、確認する間もなく、週末を迎え、また、放送までに、確認出来そうにありませんので、
念のため、大事をとって、お知らせ致しました。

ファイナル放送は、録画時間に、余裕をもって、セットされることをおススメします。

放送後、「延長ではなかった!!」とゆうお叱りは、
甘んじて受ける所存でございますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。ごめんなさい


また、コメントを頂戴している皆様、レスが遅れていて、申し訳ございません。
どのコメントも、ありがたく、楽しく拝見しております。いつもありがとうございます。

ただ今、本業多忙中につき、レスには、もう少し時間がかかりそうです。
どうぞ、お許し下さいませ。

【ガブリエル~不滅の愛~】 第10話 守るべきもの

お気づきになりましたでしょうか??

今まで、音楽&キャスト表示だけだったオープニング、
10話になって、初めて、ガブリエルの語りセリフが入りました。
元々は、毎回、このガブリエルの語り入りオープニングで、これが、公式のものです。

今まで、「どうして、公式のオープニングにしないんだろう?」と、
実は、毎回、不安だったんです。

何でって?

このオープニングぢゃないと、最終回の最後のオチが、
どう考えても、締められんだろうっ?!  と、思っていたからwww

なので、このオープニングのガブリエルの語りは、ファイナルに向けて、押さえておきたいところです。

さて、来週、いよいよファイナルに向けての、”前夜祭”といった感じのエピでしたが・・・

「パドロン先生を殺してしまう必要が、どこにあるのか?」
とゆうことが、非常に疑問ですっ!!!

しかも、相手が、よりによって、なぜ、サントーリっ????

これもやはり、愛するエヴァを守って、”大往生”ってところで、まとめるべきなんでしょうか・・・・?

でも、エヴァは、パドロン医師が自分の為に、サントーリに殺されてしまったってことを、
知らないわけですよ。。。

パドロン医師はさ、ずっとエヴァのことを愛してきて・・・、
そりゃ、ガブリエルの300年間熟成された愛とは、レースにならないかもしれないけどさ、
それでも、果敢にガブリエルに”恋敵宣言”もしたしさ、彼は彼の愛をもってして、
懸命に、エヴァを守ろうとしたわけじゃーないですかっ!!!!

医師として、たくさんの命も救って来たでしょー!!
人間として、真摯に生きてきた男だったと思う。

それが、エヴァには、ちょぉー簡単にフラれるは、
突然、ふって湧いたように出てきたサントーリに殺されるわ、
それを肝心のエヴァが知らないわぢゃぁ・・・・・、

パドロン先生、浮かばれませんっ!!!号泣

と、考えるのが、仏教思想的なら、キリスト教の神さまは、”無慈悲”だと、言っておこう。

ブルーノの死は、納得がいくものだったけど、パドロン先生の死は、どうも納得がいかない。
脚本や演出から考えても、納得がいかない。制作者側の弁明を聞きたいくらい。

また、この両者を殺したものが、サントーリである。ってところも、どうなの??
サントーリは、ピサロよりもタチが悪いよね?ある意味。。。

まぁ、ピサロは、きっとガブがやっつけてくれると思うけど、
サントーリに、どんな天誅が下るんだか?そっちの方が、気になるところです。

あー、あとね、今回のエヴァの夢。。。あのCGも、ショボかったねぇい。。。凹み

あの”デビルウィング”に次ぐ、ショボさ。絵的によくない。
ガブリエルのいでたちが、ダサすぎる。見ていて、イタい。

あんな重そうな衣装を着て、しかもワイヤーで吊るされているから、余計に、絵的”重さ”を、感じたのかも。
あれこそ、翼部分は、CGで仕上げれば良かったじゃんかっ?!

同じやるなら、もう少し、クールで美しい衣装なり、いでたちなりにして欲しかったなぁ。。。

そして、エヴァがついに、闘いの決心をして、アーミー姿に”変身”しました。

エヴァ/ビビアナを演じている、アンヘリカとゆう女優さんは、
他のドラマで、相当気の強い、嫌な女の役をやっていたそうでwww
これから、ついに、彼女の持ち味、本領発揮とゆうところでしょうか。

エヴァは巫女さんに、
「お前がピサロに殺されれば、ピサロは、闇の呪縛から解放され、強大なパワーを持つ。
それは、人類の滅亡を意味する。だから、逃げろっ!!」的なことを言われて逃げ出したけど。。。

そこで、”人類の”とか・・・、「そこか???」と、思ったけどwww

そんな理由づけしなくったって、”自分の命や運命”とか、”ガブリエルとの愛”とか、
そうゆうもので、ピサロに立ち向かってゆくには、充分な理由ではないかな?と・・・私的には思う。

むしろ、巫女さんのお告げより、こっちの理由づけを、もう少し膨らませたほうが、自然だと思うし、
後あと、感動が残るのではなかろうか??

急に方向変換するように、「人類を守る為!!」って、言われてもねぇい。。。
なんか、一気に興ざめしたのは・・・気のせい??

テーマは、”不滅の愛”なのだから、かけがえのない愛する人の為に、一心に闘えば、
それでいいと思いますがねぇい。。。


などと。

なんだか、ファイナルを前にして、クレームばっかりの感想になっちゃったけどw
いよいよ、来週、最終回っ!!!!

全ての疑問や不満を、払拭してくれるような、見事な最終回を期待しながら、
今夜は、youtubeから、ドラマの名場面を綴って作られた、素敵な映像をご紹介しますね♪





そして、最終回の予告篇をup。




最終回、確実に、こっちが、心肺停止になりそうな。。。pen1_78アセアセ






ガブリエル ~不滅の愛~ 関連記事

◆ ガブリエル~不滅の愛~ 主題歌<Amor Inmortal>
◆ 第1話 罪深き闇の住人
◆ 第2話 愛する者との別れ
◆ ガブリエルの愛車/SLRマクラーレン
◆ 第3話 新たなる敵
◆ ガブリエル、演じているのはこの人
◆ 第4話 舞い降りた死の天使
◆ ガブリエル、ストーリーのおさらい「びちのお気に入りブログ」
◆ 第5話 血塗られた運命
◆ ガブリエル オリジナルサンドトラックCD編
◆ ガブリエル オリジナルサウンドトラックDVD編(インタビュー映像付き)
◆ 第6話 闇に伸びる魔の手
◆ 第7話 真実を知る時
◆ コラム/徒然ガブリエル
◆ ガブリエル/ひと口メモ フランシスコ・ピサロ
◆ 第8話 よみがえった悪魔
◆ ガブリエル/ひと口メモ 大天使ガブリエル
◆ ガブリエル/ディレクターズカット版DVD
◆ ガブリエル/ひと口メモ ヴァンパイア七つの条件
◆ 第9話 戦いの幕開け


【ガブリエル~不滅の愛~】 第9話 戦いの幕開け

あーあ。マリベル。。。
やっぱりヴァンパイアにされてしまった。。。

なのに、なんでバネッサは、あっさり殺されちゃったんだろう?
”おしゃべり”だからか??w

「おしゃべりは、身を滅ぼす。」とゆう、神の教えなのでありましょうか?w

マリベルは、元々、ちょっと悪女っぽいからねぇ~・・・・・
それがヴァンパイアとして覚醒しちゃって、ピサロとガッツリタッグを組んだら・・・、
この先、思いやられる。あと2話しかないのに。。。(--;A

迫りくる恐怖に耐えられなくなり、激しく取り乱すエヴァ。
「大丈夫。私が必ずピサロを倒すから。。。君を守る。約束する。」
そう言って、エヴァを、優しくなだめるガブリエル。。。

いいよねぇ~こうゆうのwww
男には、こうであって欲しいわ(´▽`*)人

最近は、取り乱した女を、なだめられる男がいないもんねー。
ドン引きして、ただただオロオロと、見てるだけぇーって、男子、多いと思う。うん(--;A

ガブリエルの屋敷で、生まれてくるはずだった、我が子の、小さな小さな靴を見つけたエヴァ。
小さな産着を、ぎゅぅーって抱きしめるエヴァ。。。

これから生まれてくる子と、それを楽しみに楽しみに待ってくれる旦那さんって。。。
そうゆう旦那さんって、世の女性には、最高の人だろうと思う。

そうゆう時って、最高の幸せだろうと思う。。。
この幸せに、洋の東西はなく、また宗教の違いはない。

あー、泣いちゃった。。。pen1_77ハラハラ涙


ところで、バチカンから新しく派遣されてきたホルヘ神父は、使えるね?!

”ガブリエルは、ヴァンパイアなのに、何故、教会に入れるのか?”

「よくぞ、聞いてくれましたっ!!ホルヘ神父っ!!」って感じw

<ガブリエル>「神のなさる事は、人には理解しえない。」

私がヴァンパイアであるとゆうことは、人の理解を超えていることだ。
あなたにも、それはわからないであろう。(私的解釈)

<ホルヘ神父>
「あなたは獅子と毒蛇を踏み、若獅子と大蛇を踏んでゆく。。。」

同じ仲間と戦うと言うあなたの所業は、
獅子と毒蛇を踏み、若獅子と大蛇を踏んでいくほど、困難なことである。
それが、あなたに出来るのか?あなた自身が、彼らと同じヴァンパイアであろう?(私的解釈)

「”彼が・・・”」と、ホルヘ神父が強く問いただそうとゆうところへ、
ガブリエルが、その言葉を遮るように、続きを唱える。

<ガブリエル>
「彼が・・・

私を慕うゆえに、私は彼を助けよう。
苦難が襲う時にも、彼と供にいて
彼を救いだし 誉を与えよう。
長き命を与えて 彼を満ち足らせ
私の救いを 彼に見せよう。。。」

このセリフは、めちゃめちゃ、かっこ良かったっ!!!
よくぞ、覚えたっ!!我が君チャヤーンっ!!www

それもそのはず、実は、これは、ただの”セリフ”ではなく、
【聖書/詩編91編】にある一節なのである。

すごいっ!!!ぴったりでしょーっ!!!このシーンにwww

これを言わせる為に、ドラマを作ったのか?
ドラマの為に、この一節があったのか・・・・?

それこそ、”神業”を感じるwww

ガブリエルはきっと、この神の言葉に、

「私も神を信じている。
神は私に長き命(不死)を与え、私を苦難で満ちたらせてきたが、
神は、私にビビアナとゆう救いを与えて下さった。
だから、今度は、私が神に報いなければならない。」

そうゆう強い決意を、表しているのではなかろうか?と思う。

ここに、事実上の、”ピサロとの宣戦布告”がなされたわけだ。

さて、次回、【第10話/守るべきもの】、2月7日(月)午後10時スタート!!

いや、もうここへきて、そうゆう前振りいらないから、
ガシガシ☆ピサロをやっつけて欲しいんですけどぉー

などと思いながら、また一週間過ごすのか。。。はぁ。。。凹み




【ガブリエル/ひと口メモ】 ヴァンパイア7つの条件

”ヴァンパイア”でググっていたら、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」の続編として、
2002年に公開された「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」のレビュー記事で、おもしろい記述を発見した。
ソースは、こちら http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=27712

queenofthedamned.jpg


このレビュー記事によると、ヴァンパイアには「7つの条件」が、あるらしいw
以下、その記事より引用。


その1.ヴァンパイアは、美しくあらねばならない。
彼らは、神の手から「美」を奪った者たちなのだから。

その2.ヴァンパイアは、孤独であらねばならない。
彼らは、永遠の愛の”さすらい人”なのだから。

その3.ヴァンパイアは、繊細であらねばならない。
彼らは、その研ぎ澄まされた感覚で、愛をはかる者たちなのだから。

その4.ヴァンパイアは、純真であらねばならない。
彼らは、誤った方向に進化した天使なのだから。

その5.ヴァンパイアは、官能的であらねばならない。
彼らは、性を超越した愛の使者なのだから。

その6.ヴァンパイアは、誇り高くあらねばならない。
彼らは、誇り高き悪を体現する者たちなのだから。

その7.ヴァンパイアは、背徳者であらねばならない。
彼らは、善をなすべく悪をなす為に生まれた者たちなのだから。




ほっほぉ~♪なるほど

これは、うまいことを言っているwww
確かに、多くのヴァンパイア作品に通じる、”ヴァンパイアの定義”かもしれません。

ピサロは、この条件に、ぴったりハマりそうですね?w

ガブリエルも、基本的には、この7つの条件を満たしていなければならないはず。。。

さて、彼は、”ヴァンパイア”として、この7つの条件を満たすのでしょうか・・・?

srcolmillos.jpg


【 第9話/戦いの幕開け 】は、今晩、夜10時からの放送ですっ!!

今夜は、エヴァのエピに、泣いちゃうかも・・・?(TーT)

10397_1233179566_20110131163714.jpg



ガブリエル ~不滅の愛~ 関連記事

◆ ガブリエル~不滅の愛~ 主題歌<Amor Inmortal>
◆ 第1話 罪深き闇の住人
◆ 第2話 愛する者との別れ
◆ ガブリエルの愛車/SLRマクラーレン
◆ 第3話 新たなる敵
◆ ガブリエル、演じているのはこの人
◆ 第4話 舞い降りた死の天使
◆ ガブリエル、ストーリーのおさらい「びちのお気に入りブログ」
◆ 第5話 血塗られた運命
◆ ガブリエル オリジナルサンドトラックCD編
◆ ガブリエル オリジナルサウンドトラックDVD編(インタビュー映像付き)
◆ 第6話 闇に伸びる魔の手
◆ 第7話 真実を知る時
◆ コラム/徒然ガブリエル
◆ ガブリエル/ひと口メモ フランシスコ・ピサロ
◆ 第8話 よみがえった悪魔
◆ ガブリエル/ひと口メモ 大天使ガブリエル
◆ ガブリエル/ディレクターズカット版DVD

【ガブリエル~不滅の愛~】 ディレクターズカット版DVD

現在、LaLaTVで放送中の、<ガブリエル~不滅の愛~>、
全10話構成で、”ファイナル”入れて、全11話になると思います。

ググってると、”全10話”って話をよく見かけるんですが、全11話です。
LaLaTVも、番組表&放送予定内容が、今ひとつ、はっきりしないんで、
正直、イラッ!!っと、きてるんですけどねw

先日、第8話まで放送されましたから、あと残り3話。。。
さぁ!!怒涛のファイナルに向けて!! 全力で視聴すっぞっ!!燃えてます!


さて、ここらへんで、「DVD」についての検索キーワードが、だいぶ来てますので、
あらためて、ご紹介させて頂きますね♪

DVDジャケは、こちら

gabDVD.jpg


昨年2月に発売されています、このDVDは、本編3枚組+メイキング&特典映像1枚の、計4枚組。
主音、スペイン語で、英語字幕スーパー付きのものです。

ただし、リージョンコードは、アメリカ仕様の「1」ですので、
日本国内製のDVD再生機では、再生出来ません。


リージョンフリーの再生機か、
パソコンに内蔵されている再生ソフトであれば、再生出来ると思います。

パソコンの再生ソフトを使用する場合も、
リージョンコードを変更しなくては、再生出来ないと思います。
機種やOSのバージョンによって、様々だと思いますので、
そこいらへんは、各々、ご確認ください。

国産のふつーのDVD再生機で再生出来る、
日本語字幕スーパーのモノは、現在、まだ発売されておりませーんっ!号泣


んが。。。

さすがは、”DVD”なんで、映像がキレイです。テレビで放送されているものよりずっと。。。

そして、この作品は、あちらでは、「R-15指定」が、かかったものなので、
放送では、だいぶカットされた部分があるようです。

あんなところや・・・ こんなところ・・・

なんといっても、”ディレクターズカット@完全版”ですからねぇ~

私的に、お宝映像なのは、特典映像に入っている、MUSICビデオクリップ
これは、youtubeでも、いまだ、お見かけしません。
製作側が、必死で流出を阻止していると思われwww

ガブリエル演じるChayと、エヴァ演じるアンヘリカが、
あの主題歌と共に、延々、まったりと・・・

まっ・・・たりと・・・・・・いやぁんイヤンw

まっ・・・・・・たりと・・・・・・・・・・・・・pen1_09.gif・・・・・・・。


日本語字幕がなくても、うちらファンには、鼻血が出るくらいの”シロモノ”なんですがw

日本でのこの放送を機会に、

日本語じ・ま・く版の発売を熱望致しますっ!!

あー”吹き替え”とか、いらないんで。

映画「ダンス・ウィズ・ミー」で、Chayの吹き替えの声、最悪だったんで、
あーゆういい加減な人選、激しく、やめてもらいたいです

なお、輸入盤をお探しになる時には、原題の「gabriel amor inmortal」で検索して下さいね
たくさんヒットすると思います♪




ガブリエル ~不滅の愛~ 関連記事

◆ ガブリエル~不滅の愛~ 主題歌<Amor Inmortal>
◆ 第1話 罪深き闇の住人
◆ 第2話 愛する者との別れ
◆ ガブリエルの愛車/SLRマクラーレン
◆ 第3話 新たなる敵
◆ ガブリエル、演じているのはこの人
◆ 第4話 舞い降りた死の天使
◆ ガブリエル、ストーリーのおさらい「びちのお気に入りブログ」
◆ 第5話 血塗られた運命
◆ ガブリエル オリジナルサンドトラックCD編
◆ ガブリエル オリジナルサウンドトラックDVD編(インタビュー映像付き)
◆ 第6話 闇に伸びる魔の手
◆ 第7話 真実を知る時
◆ コラム/徒然ガブリエル
◆ ガブリエル/ひと口メモ フランシスコ・ピサロ
◆ 第8話 よみがえった悪魔
◆ ガブリエル/ひと口メモ 大天使ガブリエル

海へのドライブ完全版


【ガブリエル/ひと口メモ】 大天使ガブリエル

毎度さっぱり、「ひと口メモ」になっていないメモですが。。。(^▽^;A

先日は、ガブリエルの敵役、フランシスコ・ピサロについて書いたので、
今回は、”ガブリエル”とゆう名前にスポットを当てて、書いてみたいと思う。

”ガブリエル”とゆう名前については、何度かコメントやレスでも登場させているけど、
多分、キリスト教の四大天使のひとり、”ガブリエル”から命名されているものと思われる。

この物語の原作者(または脚本家)は、
何故、主人公に”ガブリエル”と命名したのだろうか・・・?


ただ単に、何らかの縁起をかついで、四大天使の名前が付けたかったのなら、
”ラファエル”でも”ウリエル”でも”ミカエル”でも、良かったはずである。

何故、ガブリエルは、”ガブリエル”なのだろうか。。。

”ヴァンパイア”とゆう、神に背く存在であるはずの主人公に、
何故、大天使の名を付けたのだろう。。。

今日は、その謎解きに、脳内妄想を馳せらせてみよう♪

そもそも、”大天使ガブリエル”とは、天啓、智恵、慈悲、贖罪、約束の天使であり、
エデンの園の統治者であり、智天使の支配者とされる天使。

大天使gabriel

天使とゆうのは、両性具有な存在であらっしゃるので、女性の姿でも男性の姿でも描かれるが、
西洋美術においては、ガブリエルは、たいそう”美麗な青年”として描かれることが多いそうな。

”美麗な青年”ってところで、まず、確実に韻を踏んでいるだろうwww

”智恵の天使”って所も、その理屈っぽさで、ガブリエルは反映していると思うw

よく車の中で、ブツブツ理屈こねてますよね?ガブw
「理屈っぽい」とゆうのは、それだけ物事を深く探求し、消化する力があるとゆうことw

そして、重要なのは、大天使ガブリエルが、「贖罪を司る天使」であること。

「贖罪」とは、

1ー 善行を積んだり金品を出したりするなどの実際の行動によって、
自分の犯した罪や過失を償うこと。罪滅ぼし。「奉仕活動によって―する」

2ーキリスト教用語。神の子キリストが十字架にかかって犠牲の死を遂げることによって、
人類の罪を償い、救いをもたらしたという教義。キリスト教とその教義の中心。罪のあがない。

<はてなキーワードより引用>

まさに、ガブリエルは、わが身に宿ったヴァンパイアとしての激しい本能を、
厳しく律し、贖罪してきたわけです。少なくとも、この100年。

さらに重要なのは、大天使ガブリエルは、
マリアにキリストの受胎を知らせる(受胎告知)とゆう、大役を果たした天使。
その為、「神の言葉を伝える天使」=「通信(メッセンジャー)の守護神」として、多くの信仰を集めるていること。

つまり、大天使ガブリエルは、TV局や、インターネットなどの通信事業の神様でもあるわけw
まさか、このドラマの大ヒットを祈願して、主人公に”ガブリエル”と付けたのかも?www

なんて妄想もありかな?w
それはおいといて。

このドラマで、ガブリエルは、ミゲル神父さまとよく問答をするシーンがある。
(私は、ガブのブツブツも、このミゲル神父さまとのやり取りも好きなのだがw)

あのシーンは、キリスト教の教義や、「神とは。。。」とゆうことを、
視聴者に考えさせるシーンなのではないか?

つまり、ガブリエルとゆう物語を通じて、
「神とは?」とゆうことを、伝えているのではないだろうか?

となれば、ガブリエルは、その担い手であり、”神のメッセンジャー”とゆう役割を、
きっちり果たしていることになる。

そして、最後に、もっとも重要だと思われるのは、
聖書において、”ガブリエル”とゆう名前そのものが、
「神の人」もしくは、「神の力強さ」を、意味する言葉らしい。。。

もしも、”大天使ガブリエル”と、この物語の主人公”ガブリエル”をかぶせているのであれば・・・、
ガブリエルは、最後まで、やってくれるであろうw

その大きな使命が、まっとうされるまで。。。

goodbless大


この画像は、私が敬愛する偉大なるChayファンのひとり、
アメリカ在住のPandoraさんが描いたもの。

大聖堂を思わせるフラスコ天井に、描き込まれたガブリエル。。。
神がかり的な、壮大なドラマを思わせます。

ガブリエルが放送された頃、この画像を見つけた時、
ダイナミックな構図と、その加工技術に、とっても感動しました。

これはもはや、1枚の画像ではなく、立派な”芸術”だと思った。
それと同時に、”ガブリエル”とゆう名前が、
「大天使ガブリエルから来ているものでは?」と、確信させた一枚。

多くのChayファンにとって、きっと、”大切な一枚”になっていると思います。。。




ガブリエル ~不滅の愛~ 関連記事

◆ gabrierl 主題歌up
◆ 第1話 罪深き闇の住人
◆ 第2話 愛する者との別れ
◆ ガブリエルの愛車/SLRマクラーレン
◆ 第3話 新たなる敵
◆ ガブリエル、演じているのはこの人
◆ 第4話 舞い降りた死の天使
◆ ガブリエル、ストーリーのおさらい「びちのお気に入りブログ」
◆ 第5話 血塗られた運命
◆ ガブリエル オリジナルサンドトラックCD編
◆ ガブリエル オリジナルサウンドトラックDVD編(インタビュー映像付き)
◆ 第6話 闇に伸びる魔の手
◆ 第7話 真実を知る時
◆ コラム/徒然ガブリエル
◆ ガブリエル/ひと口メモ フランシスコ・ピサロ
◆ 第8話 よみがえった悪魔



【ガブリエル~不滅の愛~】 第8話 よみがえった悪魔

ピサロのヤツ・・・

きっと何十年と寝ていたくせに、「起きた」と思ったら、いきなりトップギアかよっ?!

それはまるで、遅刻ギリギリに目が覚め、顔も洗わず、歯も磨かず、もちろん朝飯も食わずに、
着替えだけして、猛烈ダッシュっ!!!みたいなwww

ファイナルまで、あと3話しかないんで、急いでやらないとね?w
悪行三昧がピサロの”お仕事”なんだからwww早くしないと、遅れちゃうよぉーw

あーでも、ピサロにとっちゃ、悪行なんて、まさに”朝飯前”なのだろうwww

それにしても、さすがは、ベネゼエラの ”ラ・プーマ(LA・PUMA) ”こと、
ホセ・ルイス・ロドリゲス先生でございますw

狙った獲物は、逃しゃしませんw 必ず落とす

”ガブリエル”もChayのハマり役だと思うけど、
この”ピサロ”も、ホセ先生には、抜群のハマり役だったりして?www

用心深く、感の強いはずのマリベルも、なんなく、ピサロに落されてしまった。。。

本当の悪魔とは、サントーリみたいに、しょっぱなから、ガツガツ暴れたりしない。
人の心の持つ弱さや、劣等感・・・あらゆる欲望に、優しく耳打ちする。
人の心とは、そんな悪魔の甘いささやきに、逆らえはしないのだ。

だから、

悪魔の姿を見てはいけない。
悪魔の言葉を聞いてはいけない。
悪魔の言葉を言ってはいけない。。。

っと、ゆうことで、
我が国でも有名な、日光東照宮の「見ざる、聞かざる、言わざる」の”三猿”のレリーフを使って、
アメリカではキリスト教の教義を教えている地域もあるらしいw
なので、エヴァが行った巫女さんちにも、この置物があったと思われるw

さて、今回、ヴァンパイアものでは、よく採用される”ポルフィリン症”とゆう病名が出てきた。

私が、この病名を初めて知ったのは、他ならぬ、大ヒット海外ドラマ、
「CSI:化学捜査班/悪魔に魅せられた女」ラスベガス署のグリッソム・チームのお話です。

ポルフィリン症とは、太陽光にさらされると貧血や肝臓(肝硬変や肝不全)、脾臓(ひぞう)への障害、
皮膚の炎症がおこる病気。急性のものもあるし、遺伝的なものもあるらしい。

太陽の光がダメで、激しい貧血を起こしたりする症状があることから、その患者さんや病名は、
しばしば、”ヴァンパイア”もしくは、”ドラキュラ”とリンクさせて、
さも、オドロオドロしくテレビや映画に登場することが多い。

でも、これは、実際にポルフィリン症とゆう難病を抱えている人に対する、
大きな偏見と差別を生み出しかねない。

ポルフィリン症を患うと、夏でも頭巾をかぶり、全身を覆い隠す服を着て、
症状を緩和する対症療法しかない。
今のところ、特効薬もなく、治療は非常に難しい病気なのです。

「ひゃ~なんだかオドロオドロしい恐ろしい病気・・・。」

ではなく、真の病気の内容を知り、実際に、この難病と闘っている人達がいること、
そして、そうゆう方々に、正しい理解と、眼差しを向けて欲しいと思います。。。

って、ところですか。今回の感想はw

ガブリエルとエヴァについては、また、別記事として、書きたいと思いますw

また、今までのエピソードのおさらいは、是非、びちさんのエピガイブログ、
【 びちのお気に入り 】を、ご覧下さいねっ!! 




ガブリエル ~不滅の愛~ 関連記事

◆ gabrierl 主題歌up
◆ 第1話 罪深き闇の住人
◆ 第2話 愛する者との別れ
◆ ガブリエルの愛車/SLRマクラーレン
◆ 第3話 新たなる敵
◆ ガブリエル、演じているのはこの人
◆ 第4話 舞い降りた死の天使
◆ ガブリエル、ストーリーのおさらい「びちのお気に入りブログ」
◆ 第5話 血塗られた運命
◆ ガブリエル オリジナルサンドトラックCD編
◆ ガブリエル オリジナルサウンドトラックDVD編(インタビュー映像付き)
◆ 第6話 闇に伸びる魔の手
◆ 第7話 真実を知る時
◆ コラム/徒然ガブリエル
◆ ガブリエル/ひと口メモ フランシスコ・ピサロ


このカテゴリーに該当する記事はありません。